渋谷のスクランブル交差点の今昔物語

渋谷と言えば渋谷駅前のスクランブル交差点ですよね。この写真は渋谷の交差点エリアを昭和27年頃に撮影したものです。よく見ると右下の方に今でも渋谷駅前で営業を続けている三千里薬品の看板の「三」の字が見えます。

今では交通量が半端無くおおい渋谷の交差点にも、当時は信号機もなくて警察官が立って交通整理していたんでしょうね。Q-Frontも無ければ109もありません。商業よりも生活を感じさせます。

60年後の渋谷は皆さんがご存知の通り、平均90万人の人通りがある、日本でも有名な場所になりました。